赤単轟轟轟ブランド【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】

赤単轟轟轟ブランド【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】【デュエルマスターズ/デュエマ】

赤単轟轟轟ブランドは、手札が轟轟轟ブランドのみだとコストを支払わずに召喚できる効果で、最速2ターンキルが可能な超速攻デッキです。

今回はCSで優勝した赤単轟轟轟ブランドのデッキレシピとともに、回し方や採用カードの解説をしていきます。

スポンサーリンク




赤単轟轟轟ブランドのデッキレシピ

こちらがCSで優勝した轟轟轟ブランドのデッキレシピになります。

火文明

  • “轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド4枚
  • ニクジール・ブッシャー4枚
  • 爆殺!! 覇悪怒楽苦4枚
  • ミサイル“J-飛”4枚
  • 紅風の盗賊ビューラー2枚
  • ホップ・チュリス4枚
  • グレイト“S-駆”4枚
  • 螺神兵ボロック2枚
  • 凶戦士ブレイズ・クロー4枚
  • ブルース・ガー4枚
  • ドリル・スコール4枚

赤単轟轟轟ブランドのデッキ解説

赤単轟轟轟ブランドは手札を早く消費できる1コストや2コストのクリーチャーを大量に採用して、序盤からアタッカーを並べつつ、手札が轟轟轟ブランドのみになったらコストを支払わずに召喚してスピードアタッカーのWブレイカーで畳みかける速攻デッキになります。

轟轟轟ブランドは手札がこのカードのみだとコストを支払わずに召喚できる効果なので、速攻デッキのように1ターン目からクリーチャーを並べていくデッキであれば、1ターン目に1体、2ターン目に2体の1コストクリーチャーを召喚することで簡単に条件を満たすことが可能です。

さらに、今まではずれ扱いだったニクジール・ブッシャーを使い、1ターン目にWブレイカーを2体立てて、2ターン目で勝利できるパターンが見つかったので、そちらの回し方も紹介しますします。

2ターンキルの回し方

それではニクジール・ブッシャーを使った2ターン目で勝てる動き方を紹介します。

初期状態

手札に轟轟轟ブランド、ニクジール・ブッシャー、1コストのクリーチャーの3枚があること

以上が条件になります。

動き方

1ターン目

1マナ置いて1コストのクリーチャーを召喚。

バトルゾーンのクリーチャー1体、手札を1枚、シールドを1枚山札の下に置くことでニクジール・ブッシャーをコストを支払わずに召喚。

これで手札が轟轟轟ブランドのみなのでコストを支払わずに召喚。

轟轟轟ブランドのバトルゾーンに出た時の効果で1枚ドロー。

轟轟轟ブランドでWブレイク。

2ターン目

スピードアタッカーを持つミサイル“J-飛”、紅風の盗賊ビューラー、グレイト“S-駆”、轟轟轟ブランドの4種類のどれかが手札にあれば召喚します。

これで相手のシールドは3枚で自分の攻撃できるクリーチャーは、轟轟轟ブランド、ニクジール・ブッシャー、スピードアタッカー1体なので2ターン目でダイレクトアタックが可能です。

ドリルスコールでのランデス

ドリルスコールを使うことで相手にほぼ何もさせずに勝てるパターンもあります。

ドリルスコールは1コストの呪文でお互いのプレイヤーはマナを1枚ずつ墓地に置く呪文です。

この動きは自分が先行であることが条件になります。

1ターン目:1コストクリーチャー(螺神兵ボロックまたはブレイズ・クロー)を召喚。

2ターン目:1マナでグレイト“S-駆”を召喚。

残りの1マナでドリルスコールを使いお互いのマナを1枚墓地へ。

グレイト“S-駆”は手札が1枚以下であればスピードアタッカーを得るので2体のクリーチャーで攻撃します。

3ターン目:なんでもいいのでクリーチャーを召喚。

さきほどと同じように2体のクリーチャーで攻撃。

これで次の相手のターンで相手のマナは2マナになります。

3体のクリーチャーを2マナで除去することは難しいため、Sトリガーさえ踏まなければ勝てる可能性は高いです。

デュエルマスターズ 《ドリル・スコール》 DM16-051 【呪文】

デュエルマスターズ 《ドリル・スコール》 DM16-051 【呪文】

3,378円(07/23 12:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

採用カードの解説

“轟轟轟”ブランド

コスト7、パワー9000、スピードアタッカーを持つビートジョッキーで、手札がこのカードのみだとコストを支払わずに召喚が可能。

バトルゾーンに出た時、火のマナがあれば1枚ドローして、そのあと手札を好きな枚数捨て、捨てた枚数のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊できます。

このデッキのメインカードで速攻向きな能力値になっています。

手札を捨てて除去する効果は、ブロッカーを破壊して突破したり、システムクリーチャーを破壊して妨害を行い反撃されるのを防ぐのに便利です。

捨てる効果は任意のため、後続が途切れないように手札を捨てずハンドにキープするのもいいです。

ニクジール・ブッシャー

コスト6、パワー6000のWブレイカーで、バトルゾーンのクリーチャー1体と手札1枚、シールド1枚を山札の下に置くことで、コストを支払わずに召喚できます。

効果を使い召喚すれば1ターン目に3枚の手札を消費しつつ、Wブレイカーを立てられ“轟轟轟”ブランドの効果を発揮しやすくなります。

爆殺!! 覇悪怒楽苦(ハードラック)

コスト9のスーパーSトリガー持ちの呪文で、コストが8以下になるよう選んで破壊。

SSTが発動したら山札の上から5枚の中にある火のクリーチャーを1体バトルゾーンへ出し、出したクリーチャーと相手クリーチャー1体をバトルさせます。

このデッキ唯一の防御札になります。

選択できる除去で小型が並ぶジョーカーズや、大型クリーチャーで攻撃してくるドラゴンデッキなど幅広く対応が可能です。

SSTはアタッカーを増やせて、バトルにより除去もできますが、バトルは強制のため小型クリーチャーしか捲れないとアタッカーを残しにくいです。

ミサイル“J-飛”

コスト2のビートジョッキーで、G・G・G効果により自分の手札が1枚以下ならスピードアタッカーを得ます。

このデッキで2枚採用されている紅風の盗賊ビューラーの上位互換カードになります。

あちらよりパワーが1000高く、手札枚数の条件も緩いです。

手札が残らずマナも伸びないデッキの特性上デッキトップで引いて投げれるスピードアタッカーはゴリ押しに使えます。

“轟轟轟”ブランドが手札になくても、1ターン目にニクジール・ブッシャーを効果で召喚してから2ターン目にこのカーへ繋げれば、3ターン目にはダイレクトアタックまで行けるのも強いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はCSで優勝した赤単轟轟轟ブランドのデッキレシピを紹介いたしました。

2ターン目という脅威の速さを武器に環境で結果を残し始めている速攻デッキです。

速攻と言っても動き方が複数あり使っていても楽しいデッキだと思います。

みなさんもこの記事を参考にぜひ赤単轟轟轟ブランドを組んで見てください。

それでは、またお会いしましょう。

デュエルマスターズの優勝デッキレシピを紹介したカテゴリーはこちらです。

「CS優勝デッキレシピ」一覧

スポンサーリンク