ゲイルヴェスパー【優勝デッキレシピ・回し方と考察】

ゲイルヴェスパーデッキはパワー12000以上のクリーチャーを並べてゲイルヴェスパーを早期に召喚し、Wシンパシーの効果で召喚コストが下がった手札のクリーチャーを大量に展開するデッキです。

ジュランネルとデスマッチビートル等自然のクリーチャーに相性のいいカードが多いため、自然単色で組まれているデッキを多く見かけます。

今回はそんなゲイルヴェスパーデッキの優勝デッキレシピを紹介していきます。

スポンサーリンク




優勝デッキレシピ

公認大会で優勝したゲイルヴェスパーの優勝デッキレシピはこちらになります。

自然文明

  • 天風のゲイル・ヴェスパー4枚
  • 界王類絶対目ワルド・ブラッキオ1枚
  • 古代楽園モアイランド2枚
  • キキリカミ・パンツァー3枚
  • ゼノゼミツ4枚
  • コレンココ・タンク4枚
  • ライフプラン・チャージャー3枚
  • ジャンボ・ラパダイス4枚
  • タルタホル4枚
  • デスマッチ・ビートル4枚
  • 界王類七動目ジュランネル3枚

ゼロ文明

  • 「祝」の頂 ウェディング1枚
  • 「智」の頂 レディオ・ローゼス2枚

光文明

  • 光牙忍ハヤブサマル

ゲイルヴェスパーのデッキを考察

まずは、デッキの核になっているゲイルヴェスパーの効果から紹介していきます。

天風のゲイル・ヴェスパーはWシンパシー効果でバトルゾーンのパワー12000以上のクリーチャー1体につき召喚コストが2つ下がります。

さらに、ゲイルヴェスパーがバトルゾーンにある間、手札にあるクリーチャーにWシンパシーが付加されます。

手札のクリーチャーすべてにWシンパシーがつくため、ゲイルヴェスパー自身と他に12000以上のクリーチャーがバトルゾーンにあれば、後続が1,2マナで出せて大量に展開できるデッキタイプになります。

コスト1のジュランネルやコスト2のデスマッチビートルで召喚コストが軽減されるので、マナブーストのカードがなくても、1~3ターン目にの間に3体出しておけば、6コスト軽減されて4ターン目にゲイルヴェスパーを召喚。

5ターン目にはワルド・ブラッキオやモアイランドを1ターンで出してバトルゾーンを制圧することができます。

もうひとつのパターンは

1ターン目にジュランネルを召喚

2ターン目にタルタホルで1マナブースト。

3ターン目にライプラン・チャージャーでジュランネルを手札に持ってきて、残った1マナでジュランネルを召喚。

4ターン目にパワー12000以上が2体と6マナあるので、4マナ支払ってゲイルヴェスパーを召喚できます。

カード紹介

天風のゲイル・ヴェスパー

デッキのコンセプトカードです。

自身と手札のクリーチャーすべてにWシンパシーがつくのでコストの大きいクリーチャーも1ターンで揃えて制圧することが出来ます。

界王類絶対目ワルド・ブラッキオ

バトルゾーンにある間、相手クリーチャーのバトルゾーンに出た時効果を使えなくします。

シールドトリガーやニンジャストライクを使えなくするのでフィニッシャーに最適です。

コスト11と大きいクリーチャーなのに、Wシンパシーで簡単に出てきます。

古代楽園モアイランド

バトルゾーンにある間、相手は呪文を使えなくなります。

こちらもシールドトリガーの呪文を使えなくなるためフィニッシャーになります。

コスト10ですが、このデッキなら1,2マナで出すこともよくあります。

キキリカミ・パンツァー

コスト9パワー12000のクリーチャーで、手札から墓地に送られるときバトルゾーンに出てきて、山札の上から3枚みて12000以上のクリーチャーを手札に加えます。

手札破壊対策とパワーが12000なので、相手が手札破壊で妨害しようとおもったら、逆にゲイルヴェスパーの召喚を早めることになります。

ゼノゼミツ

パワー12000のシールドトリガーで、出た時相手のクリーチャー1体とバトルします。

攻撃はできませんが、ゲイルヴェスパーの召喚コストを軽減してくれます。

コレンココ・タンク

コスト6でバトルゾーンに出た時、山札の上から3枚見て好きな数のパワー12000以上のクリーチャーを手札に加えて、残りをマナゾーンに置きます、

手札補充としてもいいですし、自身がパワー12000のクリーチャーなのでゲイルヴェスパーの召喚を軽減してくれます。

ライフプランチャージャーで4~6に繋がりやすい点も相性がいいです。

ライフプラン・チャージャー

コスト4のチャージャーで、山札の上から5枚みてクリーチャーを1体手札に加えることができます。

手札にジュランネルを加えて、チャージャー効果で増えた1マナですぐに召喚する動きは強力です。

ジャンボ・ラパダイス

シールドトリガー付きの呪文で、山札の上から4枚みてパワー12000以上のすべて手札に加えます。

12000以上が大半を占めるデッキなので大量ドローができます。

タルタホル

コスト2のクリーチャーで、バトルゾーンに出た時パワー12000以上のクリーチャーを手札から見せたら山札の上から1枚マナに置きます。

デメリットなしでクリーチャーを残しつつマナブーストができます。

デスマッチ・ビートル

コスト2のクリーチャーで、相手が召喚以外の方法でクリーチャーを出したとき、このクリーチャーとバトルします。

低コストのパワー12000でゲイルヴェスパーの召喚コストを軽減してくれます。

界王類七動目ジュランネル

コスト1パワー24000のクリーチャーで、タップした状態でバトルゾーンに出てきます。

ゲイルヴェスパーと相性がいいのはもちろんのこと、7マナあればアンタップしてQブレイカーのアタッカーにもなってくれます。

「祝」の頂 ウェディング

コスト11パワー13000のクリーチャーで、召喚によってバトルゾーンに出た時、相手は手札またはバトルゾーンから合計4枚選んでシールドに置きます。

ブレイクするシールドは墓地に置かれるのでボルメテウスホワイトドラゴンのように安全に攻撃してくことが出来ます。

「智」の頂 レディオ・ローゼス

コスト10パワー17000のクリーチャーで、召喚によってバトルゾーンに出た時相手の手札を5枚捨てさせ、そのあと自分は5枚まで好きな数ドローします。

これを出したあとにウエディングを出せば、相手はバトルゾーンから選ばないといけないため完全に制圧できます。

いかがだったでしょうか。

今回はゲイルヴェスパーの優勝デッキレシピを紹介させていただきました。

最近CSで結果を残し始めているデッキタイプなので、使い方や対策をみなさんで考えてみてください。

引き続き、デュエルマスターズの優勝デッキレシピを紹介していきます。

駿河屋なら新品定価より ¥1,069 安い!! 22% OFF 新4弾 誕ジョー! マスター・ドラゴン!! ~正義ノ裁キ~ [DMRP-04]
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク