デュエランド【CS優勝デッキレシピ・解説】【デュエルマスターズ】

青緑デュエランドのデッキは、全カードに水文明を含むカードを使うことで、デュエランドの特殊勝利条件を確実に満たし勝つことを目的としたデッキタイプです。

クロニクルレガシーの発売によってアナリスや佐助の超人等、水文明を含むマナブーストカードが増えたことによって、マナ加速しやすくなりました。

今回はCSで優勝したデュエランドのデッキレシピと解説や考察をしていきます。

ではまずデッキレシピから

スポンサーリンク




青緑デュエランドのデッキレシピ

大会で優勝した青緑デュエランドはこちらになります。

水文明

  • 夢の変形 デュエランド 1枚
  • イッツ・ショータイム 1枚
  • 龍素記号Sr スペルサイクリカ 1枚
  • 斬隠蒼頭龍バイケン 2枚
  • 超次元ガロウズ・ホール 3枚
  • Dの博才 サイバーダイス・ベガス 4枚
  • 英雄奥義 スパイラル・ハリケーン 4枚
  • クリスタル・メモリー 4枚
  • パクリオ 3枚
  • ストリーミング・シェイパー 1枚

虹文明

  • 怒流牙 サイゾウミスト 4枚
  • 飛散する斧プロメテウス 2枚
  • フェアリー・シャワー 3枚
  • 怒流牙 佐助の超人 4枚
  • 電脳鎧冑アナリス 4枚

超次元ゾーン

  • ヴォルグ・サンダー 2枚
  • 激沸騰!オンセン・ガロウズ 1枚
  • アクア・アタック<BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー> 1枚
  • 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 1枚
  • シルバー・ヴォルグ 1枚
  • 勝利のガイアール・カイザー 1枚
  • 超時空ストーム G・XX 1枚

デュエランドのデッキ解説

デュエランドは召喚によってバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置き、その中からコスト7以下の水のカードをすべて使うことが出来ます。

そのようにして7枚すべてのカードを使うことに成功すればゲームに勝利する効果です。

デッキ内のコスト7以下の水文明はデュエランドとイッツ・ショータイムの2枚のみ、そのためイッツ・ショータイムが見えている状態でデュエランドを使えば確実に勝てます。

動かし方は

デュエランドを出せば勝てるデッキのため、攻撃するためのカードは入っておらず、シールドトリガーやシノビ、サイバーダイスベガス等の耐久手段を用いて攻撃を防ぎながらマナを伸ばしていきます。

除去カードと合わせてフェアリーシャワーはシールドトリガー、佐助の超人は相手に攻撃されたときにニンジャストライクで出てきて相手の攻撃によってマナを増やすことが出来ます。

自然単色のマナブーストを詰めないため、地道にこれらのカードでマナ加速をしていきます。

最後は、イッツ・ショータイムを唱えて、効果で夢の変形デュエランドのコストを踏み倒して召喚すればゲームに勝利します。

試合が長引き相手の山札が少ない場合はガロウズ・ホールからヴォルグ・サンダーで相手の山札を削るプランも狙います。

スパイラル・ハリケーンで盤面リセット

英雄奥義 スパイラル・ハリケーンはクリーチャーを1体手札に戻し、そのあと水文明のカードが7枚以上マナゾーンにあれば、相手クリーチャーをすべて手札に戻すことのできるシールドトリガー付き呪文です。

モルネクやジョーカーズ、サザンルネッサンス等クリーチャーが並ぶデッキに対して、これ1枚で返すことが出来ます。

シールドトリガーで唱える以外にもサイバーダイスベガスのDスイッチを使い攻撃されるときに唱えることが可能です。

サイクリカの墓地から呪文を唱えて、唱え終わったら手札に加える効果と合わせて毎ターン相手クリーチャーの全体除去として使えます。

サイバーダイス・ベガスのカウンター

相手クリーチャーが自分を攻撃する時、Dスイッチを使いコスト7以下の呪文を唱えることが出来ます。

先ほど紹介したスパイラルハリケーン以外にも、ガロウズ・ホールで1体手札に戻し、シルバーヴォルグを出してブロックするパターン。

クリスタルメモリーから怒流牙 佐助の超人または怒流牙 サイゾウミストを持ってきて、ニンジャストライクで耐えたりもします。

サイバーダイス・ベガス自身にシールドトリガーついている点も優秀です。

サルトビバイケンでカウンター&マナブースト

佐助の超人とバイケンを組み合わせたカウンターになります。

相手クリーチャーの攻撃またはブロック時、佐助の超人をニンジャストライクで召喚して効果でバイケンを捨て、バイケン効果でバトルゾーンに出て相手クリーチャーを1体手札に戻し、佐助の超人の効果で墓地から1枚マナゾーンに置きます。

サイバーダイスベガスやバゴーンパンツァーでのドローや、クリスタルメモリーでデッキからサーチして手札に2つを抱え込みやすいです。

マナゾーンに水のカードが6枚しかなく、スパイラルハリケーンのマナ武装を達成できていないときに、先に佐助の超人でマナを増やすことで7マナに到達させたりもします。

イッツ・ショータイムでデュエランドを踏み倒し

イッツ・ショータイムはコスト8の呪文で、唱えた時、相手は好きな数のクリーチャーを手札から出し、こちらは相手が出したクリーチャーの中で1番コストの大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャーを召喚で出す効果です。

デュエランドのコストが14コストで、環境で使われているどのカードよりもコストが大きいため確実に出すことが出来ます。

14マナを貯めるのはかなり大変なため、クリスタルメモリーから持ってきて使うといいです。

カードの採用理由

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》
バトルゾーンに出た時、墓地からコスト7以下の呪文を唱えて、唱えたカードを手札に加えます。

スパイラルハリケーンを墓地から唱えて手札にキープしておき、相手が攻撃したときサイバーダイスベガスの効果で唱えるなど攻撃に備えてもいいです。

《斬隠蒼頭龍バイケン》

相手ターン中に手札から捨てるとき、かわりにバトルゾーンに出てきて相手クリーチャーを手札に戻します。

上で紹介したカウンターや手札破壊対策としてもいいです。

《超次元ガロウズ・ホール》

相手のサイキック以外のクリーチャーを手札に戻し、そのあとコスト7以下の水または闇のサイキックをバトルゾーンに出します。

サイバーダイスベガスと相性のいいカードとして採用されています。

サイクリカと合わせることで毎ターン

《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》

ターンの終わりに1枚ドロー出来ます。

ドローソースとしてもいいですし、Dスイッチを使いカウンターで呪文を唱えて攻撃を防ぐこともできます。

《クリスタル・メモリー》

シールドトリガー付きのサーチカードです。

何でも持ってこれるため状況に合わせてカードを探します。

《パクリオ》

相手の手札をシールドに埋めるカードです。

4ターン目に出してもかなり効果を発揮します。

モルネクやチェイングラスパー等は序盤ブーストしかしないため、十分間に合い妨害できます。

先行取れれば、デッドゾーンデッキのタイガニトロのハンデスを止めることが可能です。

《ストリーミング・シェイパー》

デッキの上から4枚を表向きにして水文明のカードを手札に加えます。

大量ドローでハンデスデッキにも対抗できます。

《怒流牙 サイゾウミスト》

ニンジャストライクで出てきて山札の上から1枚をシールドに置きます。

シールドトリガーの多いデッキ内容と相性抜群で、トリガーがシールドに行けばかなり強いです。

山札に返るため、山札切れも防げます。

《飛散する斧プロメテウス》

バトルゾーンに出た時、山札から2枚マナに置き、1枚手札に加えます。

マナに行ってしまったカードを回収できる唯一のカードです。

佐助の超人で墓地からマナに置き、このカードで回収したりもします。

《フェアリー・シャワー》

シールドトリガー付き呪文で、山札から2枚見て好きなほうを手札とマナゾーンに置きます。

トリガー付きで手札を減らさずマナブーストできるため優秀です。

《電脳鎧冑アナリス》

コスト2でバトルゾーンに出た時、自身を破壊してマナブーストかドローを選択できます。

4コストのカードが多いため2から4マナに繋げます。

ニンジャストライクやマナ武装を達成するため中盤に引いて使ってもいいカードです。

超次元ゾーン

《ヴォルグ・サンダー》

バトルゾーンに出た時相手の山札からクリーチャーが2体墓地に行くまで、削ることが出来ます。

試合後半で相手の山札が少ない時に出せると効果的です。

いかがだったでしょうか。

今回はCSで優勝した青緑デュエランドのデッキを紹介させていただきました。

モルネクやジョーカーズ等、攻撃でしか勝ち筋のないデッキに対して優位に立てるデッキタイプです。

水文明のカードが出るたびに強化されていくデッキタイプなのでみなさんで新しい構築を考えてみてください。

引き続き、CS優勝デッキレシピを紹介していきます。

それでは、またお会いしましょう。

こちらのカテゴリーから「CS優勝デッキレシピ」をご覧になれます・

CS優勝デッキレシピ一覧

駿河屋なら新品定価より ¥1,069 安い!! 22% OFF 新4弾 誕ジョー! マスター・ドラゴン!! ~正義ノ裁キ~ [DMRP-04]
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク