グスタフ・アルブサールと記憶の紡ぎ 重音で無限ドローループ【デュエルマスターズ】

今回はメラ冒険の収録カードだけでできる無限ドローループの紹介になります。

必要なカードはグスタフ・アルブサールと記憶の紡ぎ 重音、蝕王の晩餐、光器ペトーキナの4種類です。

まずはループの紹介前にカードの紹介をしていきます。

スポンサーリンク




ループパーツ紹介

グスタフ・アルブサールはキズナプラスの効果で墓地の進化ではないクリーチャーを1体蘇生できるクリーチャーです。

コストや文明の指定がない強力な蘇生効果を持っています。

キズナプラスは攻撃時、下にあるクリーチャーを墓地に置くことで、自身のキズナプラスとバトルゾーンにいる自分のクリーチャーのキズナプラス効果を使うことができる能力です。

記憶の紡ぎ 重音はキズナプラスで1枚ドローした後手札からコスト5以下の呪文を1枚コストを支払わずに唱えることのできるクリーチャーです。

蝕王の晩餐は自分のクリーチャーを1体破壊して、破壊したクリーチャーより1コスト大きいクリーチャーを蘇生できる呪文です。

すでに色んなコンボで使われているカードなので、ヒラメキ・プログラムのようにいつか殿堂入りしてしまいそうなカードですね。

光器ペトーキナはバトルゾーンに出た時呪文を1枚墓地から回収できるクリーチャーです。

コスト5なので蝕王の晩餐で重音を破壊してバトルゾーンに出すために入れています。

他にコスト5で呪文を回収できるクリーチャーがあればそれを使っても大丈夫です。

ループ紹介

初期状態

バトルゾーンはグスタフ・アルブサール光器ペトーキナを進化元にした記憶の紡ぎ 重音

手札には蝕王の晩餐を1枚

1.記憶の紡ぎ 重音で攻撃時、キズナプラスを使い光器ペトーキナを墓地に送り、1枚ドローしたあと蝕王の晩餐を唱えます。

2.蝕王の晩餐重音を破壊して、光器ペトーキナを蘇生。

3.光器ペトーキナの効果で墓地の蝕王の晩餐を手札に加えます。

4.グスタフ・アルブサールの効果が残っているので、重音を墓地から蘇生して光器ペトーキナの上にNEO進化。

これで初期状態に戻りました。

デッキを作るとしたら無限ドローと相性のいいカードに水上第九院 シャコガイルというカードがるので、これと合わせると強力だと思います。

水上第九院 シャコガイルは山札を全部引いてしまえば勝利できる効果を持つカードです。

山札を1枚残し、最後にグスタフ・アルブサールの効果で水上第九院 シャコガイルを蘇生して、相手ターンのはじめに残りの1枚を引いて勝つデッキがいいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

他にもループやコンボ、相性のいいカード等紹介しています。

もしよろしければご覧ください。

駿河屋なら新品定価より ¥1,069 安い!! 22% OFF 新4弾 誕ジョー! マスター・ドラゴン!! ~正義ノ裁キ~ [DMRP-04]
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク